Home > 2009年07月

2009年07月

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
うるてまーち-pt54

世界のあちこちを旅しているフラーリから、突然の連絡が届きました。

なんでも、3人で暮らせそうな良い土地を見つけたって。

旅をしながら土地探しもしてくれていたのね。
すぐにクレドと船に乗り込んで、地図を頼りにフラーリのいる場所へ向かうことにしました。

場所はブリタニア大陸のずいぶんと端っこの方でした。
ヴェスパーの街のはるか東の岬に船をつけて、そこからは深い森を進んでゆきます。
フラーリはこんな遠いところまでひとりでやってきたのね。
そうこうしているうちに、目印の献身の神殿がみえてきました。
世界のあちこちに存在する8つの徳の神殿のひとつです。

献身の神殿は森の中で花畑に囲まれてひっそりとたたずんでいました。
中に踏み込むと、心が安らいでゆく気がするわ。
周りに咲いてる花もとっても綺麗。

フラーリが見つけた土地はここからさらに東にあるようです。
うるてまーち-pt53

すっかりと延びに延びたフラーリの人間転生のお手伝い。
私がムーングロウに篭っていたり、ひとりであちこち旅をしている間に、フラーリはモンスター討伐の試練だけを残して、他の試練はすべてクリアしていました。

モンスター討伐はみんなの力を合わせないと無理!

3人の力をあわせてフラーリを人間に転生させなくちゃ。
いつまでもうじうじしてられません。
まだダンジョンは怖いけれど、勇気を振り絞ってファイアダンジョンへゆきました。

サーペンツホールドという町にあるファイアダンジョンへの入り口。
名前の通り、なかは溶岩がぐつぐつと煮えていて、火のモンスターもうようよいました。
見たことのないモンスターもいるけれど、何とか退治できそうです。
イルシェナーほど危険な生物はいないみたい。

ここに生息する、イフリートというモンスターを倒すのが今回の試練。
でもなかなかみつかりません。
探しているうちにどんどんと奥まで進んでいったところで、聞き覚えのある嫌な声が聞こえてきました。

リッチ!!

立派な鉄扉の向こうから、獲物を待ち構えるようなリッチの唸り声がいくつも聞こえます。
む、むり!むりむり!
この扉の向こうには行けない!

リッチロードパラゴンに殺された記憶が鮮明に蘇ってガタガタふるえていると、リッチの唸り声がどんどんと近づいてきて、いともたやすく鉄扉を開けてこちら側へやってきました。

リッチって扉開けられるの!?

それからはパニックで逃げ回り、フラーリとクレドが応戦しているのを震えて見守り、なにがなんだかわからない間に鉄扉の向こうへ潜り抜けて、イフリートのいる場所まで来ていました。
どうやってここまで来たのか覚えてない…。
あたまがオーバーヒートしてボーっとしている間に、フラーリとクレドでイフリートも倒しちゃったみたい。

とりあえず、なんとかかんとかイフリート退治の試練をクリアして、フラーリの人間転生がまた一つ近づきました。
次はアイスダンジョンのアイスフィエンドを倒す試練ですって。

…。

まだあるの!?
うるてまーち-pt52

モンスターが怖くなってからあまり冒険に行かなくなっていたけれど、お金も尽きてきたので通いなれたデスパイスにいくことにしました。
デスパイスなら死ぬこともないものね。

エティンやアースエレメンタルから宝石とお金を集めて、リザードマンからは皮を剥いで…
しばらく狩り続けていたら、けっこうな金額と皮の量になってきました。
これだけあればしばらくはこまらなそう。

そろそろ疲れてきたし、休憩でもしようかな。
クレドも岩に腰掛けて一休みしています。

って、え!?
その岩座れるの!?

洞窟のあちこちに無造作に転がっている大きな岩に、クレドが当たり前のように腰掛けていてびっくり!
いままで気にも留めていなかったけれど、その岩腰掛けられたのね…!

うるてまーち-こしかけ岩

さっそく私も腰掛けて一休みしました。
やっぱり立ったままで休憩するのと、座って休憩するのとでは大違いだわ。

何度も通っていたデスパイスでの新しい発見でした。

うるてまーち-まんが6

やる気ナシ。


作ったはいいもののエンジンがかかるまで放置された子です。
うるてまーち-pt51

今日のムーングロウは、どうしたことか荷ラマが大量発生!
あっちにもこっちにも荷ラマがうろうろしているの。

荷ラマは厩舎からしか買えないから、誰かが買って放っていったのかしら?

幸い、ムーングロウ島はそれほど危険な生物もいないし、野生になっても大丈夫だと思うけれど…

最近は、乗ることもできて荷物も運べるジャイアントビートルが主流っぽくて、
あまり荷ラマはみかけなかったからこんなにたくさんの荷ラマがいてびっくりしちゃった!
うるてまーち-pt50

あちこちの観光を終えて、ムーングロウに帰ってきました。
まだすべての街を見て周ったわけじゃないけれど、お楽しみは後に残しておいた方がいいものね!
今日からまたお針子修行を開始しようと思います。

さっそく裁縫屋さんに顔を出した私は、おもいきってバルクオーダーをもらってみることにしました。
バルクオーダーって言うのは、裁縫屋さんからいただく大量発注のお仕事のこと(鍛冶屋さんでも同じシステムがあるわ)
注文書通りの品物を納めることで報酬がもらえるの。
大きなお仕事をこなすと、名声も上がるしお給金もいっぱいもらえるし、それにすごい装備品が作れる特別な裁縫ツールがもらえることもあるの!

ムーングロウ裁縫店のヨランダさんはちゃんとお仕事を紹介してくれました。
はじめてみるバルクオーダーの証書。
普通のシャツを10枚というちいさなお仕事だったけれど、なにごとも小さなことからこつこつがんばらなくちゃね。

これからはバルクオーダーもこなしながら、お針子修行を頑張ろうと思います。
この記事はパトリシアにっき-テイマー見習いシャルロット の補足です。


シャルロットは、パトリシアの二人目のキャラです。

モンスターと戦うことが怖くなって、みんなとダンジョンに行くことが出来なくなったときに、ちゃんとモンスターと戦えるキャラを作ろうと気分を切り替えるために作りました。

選んだ職業はスキル上げがつらいと言われているテイマー。
それゆえに、スキルを完成させてまともに戦えるようになるまでずいぶんかかって、そのころにはもうモンスターへの恐怖心もだいぶ和らいでいたんですが(笑)
今現在、冒険に行くときはシャルロットが活躍してくれているので、今後日記の登場のことも考えてお披露目しました。

そのうちシャルロットの修行や、冒険に行った話も日記にしたいとおもいます。
うるてまーち-シャルロット補足
うるてまーち-pt49

デルシアの観光を終えて帰ろうとしたとき、銀行の前で一人の女の子と出会いました。
彼女の名前はシャルロット。
大きな杖に、ピンク色のとんがり帽子をかぶっていて、一見メイジのようだけれど実はテイマーの見習いさん。

テイマーとは、動物やモンスターを手懐けて共に戦う人たちのことなの。
その道を極めると、ドラゴンまでも手懐けることができるようになるのよ!

今はまだ修行中のシャルロットも、立派なドラゴンと共に戦うようになるのかしら。

テイマーの修行は長くて厳しいものと聞いています。
もしかしたら途中でくじけてしまうかもしれないけれど、頑張って欲しいな。

シャルロットに応援の言葉をかけて、私はデルシアを後にしました。

日本語化

うるてまーち-4コマ5

最初の頃は、日本語のアイテム名がわかりやすくてありがたかったものの、英語のアイテム名に慣れてきた頃に日本語化をされると戸惑うということがわかりました。
人間て自分勝手な生き物!
うるてまーち-pt48

ブリタニアの地下にはロストランドと呼ばれる世界が広がっています。
いま自分がたっている地面の下にもう一つの世界がある!
そう思うとわくわくしてきて、早速ロストランドへ行ってみることにしました。

ブリタニアのあちこちからロストランドにゆける秘密の入り口があるらしいのだけれど、今回は一番近いムーングロウの魔法屋さんからテレポートでいく方法を使うことにしました。
魔法屋にある魔方陣の上で「recdu」と言うと、ロストランドのパプワという町に瞬間移動しちゃうの。
着いた場所はパプワの魔法屋の魔方陣の上。
魔方陣同士がつながっていたのね。

地図を見ると、ロストランドにはここともうひとつ、デルシアという町があるみたい。
さっそくラマのコピーヌにまたがってデルシアを目指すことにしました。

地下世界と聞いていたから、薄暗くて岩肌に囲まれた暗いところだと思っていたのに、ロストランドは緑や動物がいっぱいの世界でした。
いかにも未開拓といった、でこぼこの道なき道やうっそうとした森、そこでモンスターがキャンプをしていたりと危険がいっぱいな場所を何とか潜り抜けて進むと、やがて動物がいっぱいいる丘へ抜けて、そのさきにデルシアを守る立派な門が見えてきました。
デルシアの周りは動物がいっぱいで、羊飼いがその面倒を見ている姿が見えます。

動物の町?
わぁ、牛がいっぱいいるー。
ここに来るまでにへびに襲われたり、トカゲにおいかけられたりしたけれど、その先にはこんな楽園があったのね。

町の中にも森があったり、きれいなお花畑があったり、建物の形が面白かったり…
観光を楽しんでいると、それは突然私の目の前に現れました。

大きなドラゴン!?

町の奥の岩山の影からドラゴンが姿を現したの。
びっくりしてあわててにげようとしたけれど、ドラゴンのすぐそばで町のガードさんがたたずんでいるのが見えます。
町を守るガードさんがなにもしないということは、どうやら野生のドラゴンじゃないみたい…?

すぐそばで見つけた意見箱?をみるとこんなことが書いてありました。

「突如噴火した山より生まれたドラゴンに対し、どう対応していくかが検討されています。」

…火山から生まれたドラゴン!
そういえば、普通のドラゴンよりもずっと赤い色をしているのは火山から生まれたからなのかしら?

色んな意見が寄せられる中、このドラゴンはデルシアのガードドラゴンとしてデルシアで育てられることになったみたい。
(だからガードの人のそばにずっとくっついていたのね)

火山から生まれたドラゴンが、ガードドラゴンとして町を守る。

……とってもすてき!
フラーリやクレドにも、このドラゴンを見せてあげたいな。

Home > 2009年07月

etc
9030 UO

(C) Electronic Arts Inc. Electronic Arts, EA, EA GAMES, the EA GAMES logo, Ultima, the UO logo and Britannia are trademarks or registered trademarks of Electronic Arts Inc. in the U.S. and/or other countries. All rights reserved.

UOインデックス
mail



Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。