Home > 2010年11月

2010年11月

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
pt233

今日はまちにまったピクニックの日!
前もって予定を立てて、この日のために準備してきたのよ。
たっぷりお弁当を用意してバスケットはパンパン。
もちろん敷物も忘れずにね。

目的地はブリタニア1巨大な自然の迷路、ヘッジメイズです。

ヘッジメイズは外からはなんども見たことがあるけれど、中にはいるのは今日が初めて。
その名前のとおり、生垣でできたとても美しい迷路なの。

あちこちに休憩所や不思議な建物、袋小路には花壇やオブジェなんかがあって、見ていて飽きない!
ぐるぐるとみんなで楽しく迷いました。

そんなこんなでたっぷりと歩いたらお腹がへってきちゃって、おまちかねのお弁当タイム。

モンスターが周囲にいない図書館のような建物を見つけて、その前の芝生にお弁当を広げました。

パイとかピザを中心にいっぱい作って持っていったから、フラーリとドラちゃんが呆れていたけれど、それでも最後はきれいに食べきっていたわ。
重たい思いして持ってきてよかった!

ドラちゃんとフラーリが揃うと、最後はどうしても宴会になっちゃうのだけれどね…。

でもとっても楽しかった!
またピクニックを計画したいな。

次はどこへ行こうかしら?
pt232

今日はいいお天気だったから、外でお昼ごはんを食べました。

パン屋さんで買ってきたパンとお肉屋さんで買ってきたベーコンを持って、ブリタニアの東地区にある公園へ。
この公園は噴水と池と大きなユーツリーがあって、池の上に小さなボートが浮かんでいる私のお気に入りの場所なの。

このボートなんと乗れちゃうのよ。

ボートに飛び移って、買ってきたお弁当を広げて、ゆらゆら揺れる特等席の上でお昼ごはん!
なんてしあわせ!
pt231

染料づくりのために始めたサボテン育成。

経過は順調!

…といいたいところだけれど、実は失敗ばっかり。

水をあまり与えなくていいところと、病気になりにくいところが「サボテン育成は手間がかからない」と言われる所以だとおもうのだけれど、ついついお水を与え過ぎちゃって弱らせて、さらに病気になって薬でひたひたになって枯らしてしまうの。

原因はほかの植物も育てていて、いっしょに面倒を見ているからだと思うのよね。

ほかの植物はお水が必ず必要だから、順番にお水を与えていっていたら、ついサボテンにまで!
なんてことがしょっちゅう。

なんとかしなくちゃ、せっかくもらった種が全滅しちゃうわ。
pt230

フラーリのファンだという女の子がおうちにあそびにきてくれました。

フラーリのファン!?

そんな奇特な女の子の名前はみゆちゃん。

フラーリのことを「フラーリ様」とよび、あまりにもカッコイイカッコイイと連呼するものだから、当の本人は照れて逃げ隠れてしまう有様。

フラーリにもモテ期がきたっていうことなのかしら。
私にとっては「フラーリ様(笑)」って感じだけれど…。

そんなに気に入ってくれてるのだったら、お土産にフラーリのズボンでもあげようかと思ったら、バレてフラーリに怒られちゃった。なによけち!
pt229

リビングのテーブルの上のバスケットに常備されているミルク。

食事やおやつの時はもちろん、お客様が来たときにもお出ししているから、我が家のミルクの消費量は割と多いの。
(だれかさんはお酒しかのまないけどね)

そんな我家のミルクにはこだわりがあって、100%デルシア牛の搾りたてミルクにしています。

デルシアの野山でのびのびと育った牛のミルクが最高なの!

ミルクは、デルシアの宿で寝泊まりしているシャルロットが、うちに来るときについでに絞って持ってきてくれます。
そして空になったピッチャーと取り替えて、またミルクがなくなった頃に持ってきてくれるの。

さしずめシャルロットは我が家の牛乳屋さんってところかしら。
pt228

イオンくんが、エルフに転生しました。

イオンくんはテイマーさんだから、エルフにしか手懐けることができないクーシーをペットにするつもりかしら?

転生は何度か経験したことがあるようで、つぎつぎと転生のための儀式をこなしてゆくイオンくん。
私のお手伝いは、エルフ転生用のルーンブックで次の場所へのゲート魔法を出すことくらいだったわ。

特に問題もなく、エルフに転生する資格を得て、さくっとエルフへと転生していました。

うん。
見た目はあんまり変わらないかしら。
耳が伸びただけね。

お疲れ様!イオンくん。

わたしはイオンくんが狼を間引きしている間、たっぷりとハンツマンさんとデートできてしあわせでした。
pt227

フラーリが散歩のお土産にお味噌汁を持って帰ってきてくれました。

みそ汁専門店の高級ブルガリ銘みそ汁ですって。

…どこでかってきたのそれ。
pt226.jpg

染料もだいぶ流通してきたけれど、ポンポン買うにはちょっと贅沢。
でもいろいろ染め物はしたい!

というわけで、自分で染料を作ってみることにしました。

染料を作るにはまず、色の素になる植物が必要なのよね。
まずはこの植物から育てなくちゃ。

いろいろ園芸家さんに聞いたり調べたりした結果、サボテンの品種が育てやすくて染料の原料に向いてると分かりました。

ほんとうは自分で交配していろんな色を作っていくのだけれど、染料屋さんをやっているなめねこさんと、それからイオンくんに色サボテンの種を一粒ずつ分けてもらっちゃいました。

足りない色は自分で交配して作ってみよう!

染料屋さんは、こうやっていろんな色の植物を育てて染料を作っているのね。
植物を育てる手間や、色を交配して種を増やす手間を考えたら、染料の値段にも納得だわ。
pt225

酔っ払ってフラッフラになりながら、なんとかゲートの魔法でグリゼルダのもとに帰った私たち。
(よくゲートのマントラを噛まずに言えたものだと思うわ)

戻ってきた私たちの酒臭さに顔をしかめたグリゼルダだったけれど、集めたレシピの材料を見てようやくご機嫌になってくれました。
やれやれ。

今までの頼みごとのお礼に、色々詰まった袋をくれて、やっとグリゼルダのお使いはおしまい!
中身は秘薬だとか魔女の大鍋だとか、いかにも魔女らしいものが色々と入っていたわ。

でもグリゼルダがくれたもので一番ありがたかったのは「酔い覚まし」でした。

こんなものくれるほど酒臭かったということなのかしら。
しろくま

シャルロットのトレードマークはしろくま帽子です。

動物の村デルシアでテイマーとしての基礎を身につけたあと、いよいよテイマー修行の聖地といわれるダガー島(通称北極)へ向かおうとしていたシャルロットに、餞別としてフラーリがくれたものでした。

「テイマーといえばしろくまだろ」と名言(?を添えて。

ダガー島での修行はしろくまをテイミングするのですが、しろくまをかぶったシャルロットを見て、果たしてしろくまは仲間と思ってくれていたのか、それとも仲間の皮を剥いだものをかぶった敵と思われていたのかが気になります。

Home > 2010年11月

etc
9030 UO

(C) Electronic Arts Inc. Electronic Arts, EA, EA GAMES, the EA GAMES logo, Ultima, the UO logo and Britannia are trademarks or registered trademarks of Electronic Arts Inc. in the U.S. and/or other countries. All rights reserved.

UOインデックス
mail



Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。