Home > スポンサー広告 > リッチロードパラゴン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • 投稿者:ミヒロ

    投稿日:2009-06-23 (火) 09:39

    ホントパラゴンって足が早いし襲われたら最後って感じがしますよね><
    大事な物を盗んじゃうし・・・でも、そういった経験してだれでも通る道ですよねT0T
    あたしもパラゴンじゃなかったけど、保険システムがなかったころやっとの思い出手にいれた装備品を盗まれちゃってホントへこんだおもいでありますよ><
    でも、あの経験でさらに強くなって死なないような戦い方を覚えていい経験したのをおもいだします^^v
    失った装備品はその当時入ってたギルドメンバーが別の装備品を(HQ製品だったかな)作ってくれたのもいい思い出です^^


  • 投稿者:Patricia

    投稿日:2009-06-23 (火) 13:01

    パラゴンはいまでも出会ったらびくっとなってしまいます(笑)

    パラゴンは強いという前知識だけあっても、実際に出会ったら思っていたものとはぜんぜん違って、それ以上のものに見えました(、、
    死んだのも、ルートされたのも初めてだったので、もうへこみましたねー!

    ミヒロさんは、その死を糧に出来たんですね。
    強いなぁ。すごいです!


コメント
投稿    -
投稿者 : URL :

Home > スポンサー広告 > リッチロードパラゴン

Home > パトリシアえにっき > リッチロードパラゴン

リッチロードパラゴン

うるてまーち-pt37

フラーリはエルフです。
私たち人間よりも、力が弱くて、そのかわりに大きな魔力を秘めた種族。
そのフラーリが、人間になりたいと言い出したの。
いつからそう思い始めていたのかは私にはわからないけれど、ひとりでブリタニアを旅して帰ってきたフラーリは、人間になる方法を見つけてきたみたいで興奮気味に手伝って欲しいと言ってきました。
友人のお願い事だもの。もちろんだわ!

その試練として、私とフラーリはイルシェナーと呼ばれる大陸へゆきました。
薄暗い森とモンスターだらけの平野をわき目も振らず駆け抜けて、時には魔法と忍術で自分の姿を隠して休憩を取って、めざすはこの先にいるモンスターが持っているアイテム!
山のふもとあたりまできて、あと少しで目的地というところで事件はおきました。

先に偵察に行ったフラーリがモンスターの横をすり抜けようとした次の瞬間、フラーリが死んじゃったの!
あまりに唐突過ぎて呆然とする私たち。

ここに来るまでに見てきたモンスターも、どれも見たことがなくて強そうで怖かったけれど、フラーリを殺したモンスターは一際異彩を放っていました。

全身が金色に光る、そのモンスターの名前はリッチロードパラゴン

とりあえず、安全なところまで戻ってフラーリを蘇生。死体から荷物回収も無事に済ませました。
あのリッチロードパラゴンとかいうやつは危なそうだから、無視して先に進んだほうがよさそう。
そう話していたところで、フラーリが「荷物が足りない!」とカバンをひっくりかえし始めました。

頭のいいモンスターは、死体から荷物を漁ると聞いたことがあります。
もしかしてさっきのリッチロードパラゴンに取られた?
荷物を取られたとわかって、絶対に取り返す!と息巻くフラーリ。
作戦は打倒リッチロードパラゴンに変更されました。

さっきは油断していただけ、と今度は完全戦闘モードで挑みに行くフラーリ。
私は後ろから援護をするつもりで、いつでも回復魔法をかけられるように準備をしていました。
けれど、見る見る減っていくフラーリの体力。
回復の詠唱が追いつかない!
数秒も持たずにフラーリはその場に倒れてしまいました。

あっ
隠れないと私が狙われる!

そう思った次の瞬間には、私は灰色の世界の中に立っていました。
目の前に倒れこんだ自分の姿と、私のカバンを漁っているリッチロードパラゴンが見えます。
死ぬと、世界の色がなくなるのね…。

私も死んで蘇生ができなくなってしまったので、フラーリと二人で森を戻ってヒーラー小屋で蘇生をしてもらいました。
荷物回収に戻ったとき、リッチロードパラゴンは遠くに行っていたみたいで安全に回収することができました。
装備で取られたものはなさそう。魔法も使える、うん。大丈夫。
でも、カバンがやけに軽く感じました。
もう一度よく見てみると……

ない。

大事なものを入れていた袋がなくなってる!

あのなかには、ニューヘイブンで修行していたときから使っていた丸椅子や、もらったマグカップ、それに…今まで書き溜めてきた日記帳が入っていました。

呆然としている私に気づいたフラーリに、日記がなくなったことを伝えると、自分の荷物を取られたこと以上に怒り出して、リッチロードパラゴンに向かっていってくれました。
なんども、なんども。
けれど、ちっとも歯が立ちません。
目の前の大きな金色の存在に怖くなって震えて、うまく魔法の詠唱が出来ない私が、

息を合わすことが出来なくて…。

突然リッチロードパラゴンが私にターゲットを変えてきました。
「逃げろ!」と叫ぶフラーリの声を後ろに聞きながら、震える足で夢中で森まで走りました。
けれど、向こうのほうが足が速くてどんどん距離を詰められています。

後ろのほうばかり気にしていたせいで、目の前の木につまづいて動けなくなる私。
森のモンスターまで私に気づいて近づいてきて、囲まれて…
どのモンスターに殺されたのかもわからないまま、また灰色の世界に立っていました。

覚えているのはここまで。
どうやって町まで帰ってきたのかは、覚えていません。

私の頭の中には、あのリッチロードパラゴンの恐ろしさだけが、焼き付いていました。
  • 投稿者:ミヒロ

    投稿日:2009-06-23 (火) 09:39

    ホントパラゴンって足が早いし襲われたら最後って感じがしますよね><
    大事な物を盗んじゃうし・・・でも、そういった経験してだれでも通る道ですよねT0T
    あたしもパラゴンじゃなかったけど、保険システムがなかったころやっとの思い出手にいれた装備品を盗まれちゃってホントへこんだおもいでありますよ><
    でも、あの経験でさらに強くなって死なないような戦い方を覚えていい経験したのをおもいだします^^v
    失った装備品はその当時入ってたギルドメンバーが別の装備品を(HQ製品だったかな)作ってくれたのもいい思い出です^^


  • 投稿者:Patricia

    投稿日:2009-06-23 (火) 13:01

    パラゴンはいまでも出会ったらびくっとなってしまいます(笑)

    パラゴンは強いという前知識だけあっても、実際に出会ったら思っていたものとはぜんぜん違って、それ以上のものに見えました(、、
    死んだのも、ルートされたのも初めてだったので、もうへこみましたねー!

    ミヒロさんは、その死を糧に出来たんですね。
    強いなぁ。すごいです!


コメント
投稿    2
投稿者 : URL :

Home > パトリシアえにっき > リッチロードパラゴン

etc
9030 UO

(C) Electronic Arts Inc. Electronic Arts, EA, EA GAMES, the EA GAMES logo, Ultima, the UO logo and Britannia are trademarks or registered trademarks of Electronic Arts Inc. in the U.S. and/or other countries. All rights reserved.

UOインデックス
mail



Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。