Home > らくがきイベントレポ

らくがきイベントレポ Archive

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
壱の市レポートの後編書きます。

うるてまーち-壱の市1

酒場宵闇亭で、おいしーいお食事を堪能後、つけまいさんの相方のえみりゅんさんがいらっしゃって、みんなでミニゲームを見に行く流れになりました。
飲み足りないフラーリは宵闇亭においていって、つけまいさん、えみりゅんさん、おじいちゃんの4人で、かるたゲームを見に行くことに。

UOでかるたなんてどうやるんだろうと思っていたら、ありとあらゆるアイテムを地面に並べて、お題でどれかのアイテムのヒントを言い、参加者がそれをかるたの要領でとりにいって自分の机に積んでゆくというものでした。
なぁるほどー。
立ち寄ったときちょうどラストゲームが始まる直前で、パトリシアとおじいちゃんで飛び込んでみました!

うるてまーち-壱の市2

ラストゲームのメンバー4人。

うるてまーち-壱の市3

人間代表で頑張らねば…!!
変な責任感を感じつつ始まる第1問!

「犬も歩けば「BOW」にあたる~」

BOW!?
棒に火のついたたいまつに引っかかる者もいる中、華麗にわんこさんが弓をくわえました!
さすがわんこ…!

出鼻はくじかれたものの、パトリシアはその後好調に2連続でアイテムをゲット!
わんこさんも、さらに1つアイテムをゲットしました。
人間になりたいスライムさんは、目玉と骨のアイテムをゲットし、あとは腕パーツをゲットしたら人間になれるらしく、ギラギラと腕ゲットを狙っていましたが…

うるてまーち-壱の市4

おじいちゃんにとられちゃいました!
残念、人間になれず!

後半になるにつれて問題にもひっかけが多くなってきて、
「おお~きな、のっぽの…」

うるてまーち-壱の市8

リュウゼツラン~

うるてまーち-壱の市7

たしかにのっぽだけれども!

最終お題はわんこさんがゲットし、1位。
スライムさんとパトリシアは同点のダブル2位で、おじいちゃんが3位と言う結果に終わりました。
3位まで商品の福引券がもらえることになっていたので、全員が福引券ゲットといういい感じな結果に終わりました!
福引券は次回にも持ち越せるシステムだったけれど、1回引ける分集まっていたのでせっかくだから挑戦してみることに。

うるてまーち-壱の市6

福引所もナイスなカスタマイズがされていて、ガラガラにみたてた糸巻き機がくるくるとまわっていました。
飾りじゃなくて、この糸巻き機が特別製のダイスになっていて、Wクリックで振れるという素敵アイテム!
これほしーい!

自分が引く番になり、係りの人に福引券を渡していたらハプニングが。
3枚もらったと思っていたら、2枚しかもっていなかった!

うるてまーち-壱の市5

カバンをひっくり返しても2枚しか見当たらず、後ろに人も並んでいるしでオロオロしていたら、それに気づいたつけまいさんが、さっと1枚自分の福引券を渡してくれました。
えーん、ありがとうございました~~!
つけまいさんに頂いた大事な1枚を握り締めて、いざ、ガラガラ!!

…結果は聞かないで。せっかく…せっかくもらったのに…

今回は、最初から最後までつけまいさん、えみりゅんさんにご案内してもらって、とっても楽しい時間を過ごさせていただきました。
まだまだ覗いてなかったお店や、遊んでないミニゲームもたくさんあって、名残惜しい気持ちもいっぱいだったけれど、だからこそ次回もぜひぜひ遊びに行きたいです!
あ、あと、いままでで一番「ブログ見てるよ」って声を掛けてもらえました!
うれしかったです、ありがとございましたっ
出雲のひとはあったかいなぁ。

うるてまーち-壱の市9
今回は、お招きされたこともあってIzumoシャードのVesper壱の市にいってきました!
シャード間旅行もなれたもので、さくさくとキャラを作ってムーングロウのお裁縫屋さんでチョキチョキパトリシアとフラーリの服を作ってから出発。

うるてまーち-壱の市1

会場に着いたらすでに到着していたおじいちゃんと3人でまったり開会式へ。

壱の市は、他のシャードのイベントとは一味も二味も違ってました!
会場のあちこちに設置されたミニゲームをクリアするともらえる福引券を3枚集めると福引に挑戦できるんだって!
観光目的で作ったキャラだとフリーマーケットとかのお買い物はあんまり楽しめないので、こうしてミニゲームで遊べるって言うのはとっても楽しいー!
会場の飾りつけも気合が入っていてとっても華やかでした。
まるで移動遊園地に着たみたい。

さっそくタイピングゲームのミニゲームを見学していたら、ゲームに参加している方が壱の市に招いてくれた、つけまいさんでした。
ゲームが終わったら気づいてもらえて、お話の流れで案内してもらえることに!

うるてまーち-壱の市2

フラーリが酒場酒場とうるさいので、来たばっかりだと言うのにお店もゲームも横目に酒場へ案内していただきました。
フラーリを酒場に放り込んでから遊びに行こうかとおもってたのだけれど、到着した酒場「宵闇亭」のすごさに圧倒!
海に張り出したデッキの上にベンチやテーブルが綺麗に並べられて、カウンターの横にはおいしそうなメニューのサンプル。
酒場というよりも豪華シーサイドレストランといったたたずまいに感嘆のため息がこぼれるばっかり!

うるてまーち-宵闇亭

こういう会場の設置はGMさんがしてくれるらしいけれど、それにしてもこんなにりっぱなカスタマイズは初めて見ました。
マスターさんに伺うと、マスターさんがデザインをしたものをGMさんがそのまま設置してくれたんだって!
GMさんの対応も結構柔軟なことに驚き。

このまま立ち去るのはあまりにももったいなくって、そのまま宵闇亭でお食事の流れになりました。
つけまいさんがごちそうしてくださるといってくれて、お言葉に甘えるわたしたち。

うるてまーち-壱の市3

テーブルに一つ一つくばられたメニュー(デーモン革製の高級な本)を開いてまたまたびっくり。
豪華なセットメニューから、肉料理、野菜料理、軽食、和食、すべてに産地が記載されたお酒のメニューと、とっても豊富なラインナップ!
しかもメニューの紹介文がおいしそうなことおいしそうなこと…
分厚いメニューの端から端まで何度も往復して、ようやく
「シェリー・ザ・マウスの大盛りまるごと!チーズピッツァ」うるてまーち-ピザ に決定!
メニューの名前のセンスがテーマパークのレストランメニューのように夢がいっぱいです!

おじいちゃんは、お刺身の盛り合わせとお味噌汁という渋いチョイス。
つけまいさんとフラーリはお酒のみのオーダーをしてみんなで乾杯!
…わたし飲み物たのんでなかった!

お言葉に甘えてつけまいさんのお酒を一口もらっていると、マスターさんが「特別な「アレ」をお出ししましょう」といいました。
そういえばメニューに「アレ」とだけ書かれた怪しいドリンクがあったなぁ。
それよりもさらに特別なものを出してくれるそう。
い、いいのだろうか…!(おごってくださるつけまいさんを*ちらり*)

うるてまーち-壱の市4

出されたものは、ピンク色のビンに入った綺麗なお酒でした。
が、ラベルに爆薬の文字。
これは度数が強すぎて爆弾扱いになってるお酒に見せかけたアイテムなんじゃ…!?
…とおもったら、このおさけの「特別」な由来は爆薬だけどおいしく飲めるところにあるのだとか。
その通りだとしたら、本当に特別です。
ラベルの爆薬表記にびびりながら、ダメージを受けることも覚悟して恐る恐る一口…
うるてまーち-壱の市5

…おいしい!

ほんとうにのめちゃう!
どうやって作ってるのかさっぱり見当がつかない不思議でおいしいお酒でした!
チーズピッツァももちろん絶品!
ピザの上に丸ごとチーズがとろーり!ほんのり甘いソースもいいアクセント!
ちゃんと普通の料理にひと手間を加えてから出してくれているのがとっても素敵でした。
おじいちゃんのお刺身は、内装アイテムのおおきな魚を器に見立てて、お刺身の横にはツマもきちんとそえてありました。
これはメニューを端から制覇したくなっちゃう。

ここまでメニューを徹底させた酒場は初めてで、感動のあまりこんなに長々と書いちゃいました。
宵闇亭に行くために出雲シャードに通いたくなる、そんな酒場でした。

前編はのんびりお食事で締めて、ミニゲームや福引などのメインイベントは続きの後編にまわしたいと思います。
YamatoシャードのPC酒場「CLUBU HITCH 」さんの一周年感謝祭にいってきました!

うるてまーち-CH一周年1

お友達のゆずさんからフラーリの元へお誘いのメッセージが来て、パトリシアもお招きに預かりました。

Yamatoシャードへキャラを作って、ニューヘイブンの広場でゆずさんたちと合流。
すぐに酒場までゲートを出してもらって直行しました。

でも酒場に着いても、なぜか人の気配がしません。
早く着すぎちゃった?と思っていると、どこからか酒場のお迎えの人がやってきて、さらにゲートを開いてくれました。

別の場所でイベントするのかな?

ついた先は、サーペンツホールドの町の港。
でもやっぱり人はいません。
ここでみんなにルーンが一つずつ配られました。

うるてまーち-CH1周年2

また飛ぶの??

今度はゲートじゃだめなんだろうか。
なんでみんなに一つずつルーンを配るんだろう。
頭の中にいっぱい「?」を浮かべながら、とりあえずもらったルーンに飛んでみると、

うるてまーち-CH1周年3


ここどこーーーーーーーーー!!?



うるてまーち-CH1周年4

なんと海の上に即席酒場!?

視覚トリックとかじゃなく、本当に海の上に直にテーブルと椅子をセッティングしてました。
海の上で足場がないので、椅子の上へテレポートするしか移動手段がありません。
ルーンを一つずつ配っていたのは、座席の数だけルーンがあったからなのね!

お客さんが増えてきてテーブルがたりなくなると、船を横付けして参加とかなんとも豪快でした!

やがてお客さんもそろってくるとメインイベントがはじまって…

うるてまーち-CH1周年5

丁半博打!

うわーうわー。
いかにも酒場っぽい!
港町にある酒場っぽい!

連続で勝っていくと賞金がふえていくシステムで、10連勝とかするすごい強運の方も!

うるてまーち-CH1周年6

まあわたしたちはこうなりましたけどね。
さ、最後まで強運の人の真似をしていれば…!

最初から最後まで予想外のイベントで、とってもたのしかったです!
今回はシャードをまたいで、Hokutoシャードの「第50回北斗祭 」にいってきました!
フリーマーケット系のイベントはSakuraシャードのさくらまーけっとしかいったことがなかったのでわくわく。

北斗祭は手作り系の出品が多くて見て周るのが楽しかったです。
アイデア勝負っていいですよね!


うるてまーち-北斗祭1

GMコックさんの銘入り絶品アップルパイをフラーリにねだるも貧乏に撃沈。

未練がましく眺めていたら、お店の人に「おじょうさんおいでおいで」といわれて1個いただいちゃいました!
うんまーい!

うるてまーち-北斗祭2

道端に並べられていたアイスクリーム載せかきごおり(ウエハースつき)
色んなアイテムをうまく組み合わせて作られたスタックオブジェでした。
季節にもぴったり。

うるてまーち-北斗祭3

こちらもアイデア系アトラクション!

手懐けた巨人モンスターの肩の高さにくるように椅子を持ってきて、椅子に座ると肩に乗っているように見えるの!
写真とりまくっちゃった。
ほかにも白熊や、テイマーしか乗ることが出来ないクーシーなどにも乗れるようになってました。

うるてまーち-北斗祭4

作家さんの新刊にも興味があったけれど、Sakuraには持って帰れないし、あきらめました。
さくらまーけっとにも作家さんこないかなぁ。
サイン会とかもしちゃえばいいと思う。

うるてまーち-北斗祭5

会場の隅っこに設置された酒場用スペースで出会ったどろんちゃんに、フラーリがアップルパイを買ってくれなかったことをぶちまける。

どろんちゃんの後押しもあって、パトリシアとどろんちゃんの二人分アップルパイを買ってきてくれました(どろんちゃんのくれたおこづかいで)

うるてまーち-北斗祭6

第47回さくらまーけっと with 第5回桜納涼花火大会ぜんとでぽん! にみんなでいってきました!
うるてまーち-ぜんとでぽん1

花火大会!夏祭り!
なので、みんなの浴衣(クレドは甚平)を仕立てました。

今回の会場は、和の町禅都
雅やかな音楽流れる中でのお祭りは雰囲気いっぱい!
屋台もいっぱい出ていて、見て周るのが楽しかったです。
(高価なものばっかりで手が出なかったけど!)

今回も、20万gp!のサイコロくじ屋さんは長蛇の列でした。
じ、次回は一発ドカンと挑戦してみようかな…!

うるてまーち-ぜんとでぽん2

花火大会会場よこに、りっぱなおみこしが造られてましたよ!

今回のイベントの目玉の花火大会は、屋台エリアから少し離れた、大きな橋の上で行われました。
花火が出るステッキをみんなが持って、いっせいに打ち上げるセルフ花火大会。
何十人と集まって、全員で一気に打ち上げるとそれはもう立派な花火になってました!
魔法のエフェクトなんかも花火に見立てて、みんなうちまくるうちまくる。

うるてまーち-ぜんとでぽん3

あまりにもまぶしすぎて気絶(クライアント落ちた)

全員でカウントダウンのあとに一斉に打ち上げるはずが、なかなか花火をあげるのをやめない人たちに向かって放たれた進行の人のセリフ

うるてまーち-ぜんとでぽん4

静かになりました。

花火大会の後は会場をうろついていると、このブログをみてくださってる方に声かけてもらったり、お話していたらお互いの知り合いが集まってきて大きな人の輪ができあがっていました。
こうやってたくさんの人たちとお話をする機会はあまりないので、とても楽しかったです!
うるてまーち-ぜんとでぽん5

あ、あとフラーリに「お一人さま1枚まで」の騎乗ドラゴンの鎧証書(めちゃくちゃお買い得価格)買ってあげた!
梅雨の湿っぽさを吹き飛ばすため、げこげこれーす に参加してきました!

ペットのカエルを引き連れて、ヴェスパーの街→ブリテインの街まで、疾走するレース!
街道を進んでいくとはいえ、途中にモンスターうじゃうじゃの沼地あり、モンスター沸き沸きの森ありで、なかなかにスリリングなレースになりそうです。

そんなわけで、事前にラオユエおじいちゃんと一緒にコースの下見をすることにしました。
本番はカエルを連れて走るので、乗っていたラマから降りて、ラマを連れて走ってみることに。
動物は人より足が遅くて、全力疾走すると置いてきぼりになってしまうので、ちょびちょび歩いたり振り返ったり呼びかけたりしながらのんびりのんびり進みました。
うるてまーち-げこレース1

おじいちゃんのラマが野党(襲ってくるNPC)に襲われて死亡。
こんなところにまだ敵がいた…!
道のど真ん中にキャンプを張って沸くようです。これはコワイ!
普段はラマに乗って駆け抜ける街道も徒歩だとモンスターにも見つかりやすくて、実際に走ってみるとかなりヒヤヒヤでした。
これはレースの目標は完走だなぁ…。

おじいちゃんのラマも死んじゃったし、蘇生をしてから会場へ。

スタート地点のヴェスパーの街にいくと、すでにたくさんの配布用カエルが並んでスタンバイしていました。
机の上の本に、自分の名前を書いてエントリーをしてから、パートナーとなるカエルを受け取ります。
パトリシアのカエルはあかるい黄緑色でした。
カエルを受け取ったら、カエルの名前をエントリーした自分の名前に変更。
うるてまーち-げこレース2
おじいちゃんも青いカエルを受け取り、受付ギリギリの時間にやってきたフラーリも無事にエントリーして、黄色のカエルをゲットしていました。

そして、スタート地点でルールの再確認をして、一斉にスタート!!

主人の「follow me」に応える大量のカエルの声が響き渡って、梅雨を通り越して、田舎の真夏の夜のようなカエルの大合唱になってました。
これもまた風流!

レースは、2箇所のチェックポイントでマントとローブを拾って身につけ進んでゆきます。
うるてまーち-げこレース3

なぜか牛を連れてる人も。
レースには参加せずに見学をしてる人でした。

うるてまーち-げこレース4

カエルがど根性の末に殉職しておじいちゃんリタイア。

パトリシアとフラーリはとくにトラブルもなく、中くらいの順位をキープして無事にゴールしました。
完走できたし満足満足。

最初、最終グループの人たちの到着を表彰台の前でみんなで待っていたけれど、だれかの「ゴール前で待ってた方が良くない?」の一言で、指示されたわけでもなく自然にぞろぞろとみんなでゴール前に並んでいった流れがとってもあったかくて素敵でした。

それをみて「ドベでゴールすりゃおいしかった…!」と悔しがるフラーリ。

うるてまーち-げこレース5
3位までの入賞した人たちの賞品も豪華でしたが、全員に配られた参加賞も豪華でびっくり。
装備品の耐久値を底上げする「補強の粉末」でした!(高価)
なにげに、イベント名が刻印されたピンク色の袋に入っていたのがうれしかったです。記念品ぽくて!

参加者が思った以上に多かったらしく、カエルが足りなくなって捕まえにいったり、参加賞の品が足りなくなって取りにいったり(それでもちゃんと全員にくばられた)スタッフさんがとても大変そうでしたが、それでも迅速に対応していたのがすごかったです。

おつかれさまでした。たのしかったです!
フラーリが、ミノックの町へ行く橋が石でふさがれてて渡れないと言っていました。
町でニュースを読み上げているタウンクライヤー(NPC)によると、土砂崩れを起こしたようです。
さらに公式サイトを見てみると、台風が上陸するようで、土砂崩れもその影響だとか!
うるてまーち-台風1
ブリテインの近くとミノックの近くの2箇所で上陸するらしい台風。
お友達のラオユエおじいちゃんと一緒に見に行ってみることにしました。
公式イベントの参加は初めてです。

おじいちゃんによると「また死人がでるな…」とのこと。

ブリタニアの台風被害はかなりのものらしいです。

台風上陸予定の時間になって、死んでも大丈夫なように必要最低限のものだけもって出発!
現場に到着すると、そこは阿鼻叫喚の地獄絵図でした。

うるてまーち-台風2

そこかしこにいる、人とペットドラゴンの幽霊。
積み重なった人とドラゴンの死体の向こうで響き渡る爆音と断末魔。
そこから幽霊になった人がこちらへ戻ってきて、蘇生してもらってはまた死体の山を越えてゆき、その向こうにいる何かと戦っているらしいです。

え…台風じゃないの?
皆さん何と戦ってるの?

おそるおそる近寄ってみてみると、ちらりと敵っぽいものがみえました。

うるてまーち-台風4

見た目、赤いアースエレメンタル。
これが台風の正体っぽいです。
どうやら数体いる模様。
しかもどえらい強くて、強い戦士と最強ペットのグレータードラゴンが束になってかかっても、あの地獄絵図。
パトリシアもぽかーんと見物をしているうちにいつの間にか死んでいました。

えっ
何で死んだの!?
近づいてもいないのに!

広い範囲攻撃と、触れるだけで即死ダメージの攻撃力を持っているみたい。
地獄絵図の仕組みを理解したところで、蘇生をしてもらい、パトリシアの力じゃ殲滅班には混ざれそうもなかったので、救護班として死んだ人の蘇生をすることにしました。

うるてまーち-台風5

絶え間なく幽霊さんがやってきて、みんなで蘇生、回復回復回復!
ドラゴンの幽霊も獣医さんが蘇生して、みんなで回復回復回復回復回復!(ドラゴンのHPは多い)

たまに戦場の方へ赴いて、召還魔法をぶつけてみたりもしましたが、一瞬のうちに消滅してしまって効果があるのやらないのやら。

それでも台風エレメンタル(?)の数をじりじりと減らしてゆき、ようやく最後の一体が崩れ落ちて、ミノックの台風被害は食い止められたのでした。
ブリテインのほうも一足先に殲滅に成功していたようです。
よかったよかった。

戦士やドラゴンの皆さんお疲れ様でした!
ブリタニアの台風ってとっても危険ですねー。


うるてまーち-台風6

うるてまーち-台風7

高みの見物は無理でした。
劇団チロル の観劇を観にいってきました!
UO内で行われる劇というのにとっても興味があったのです。
今回の公演はパトリシアのいるsakuraシャードではなく、asukaシャードでの公演だったので、事前にasukaシャードにパトリシア2号キャラを作って準備。
今日に至りました。

開演10分まえに劇場(自由にハウスカスタマイズができるUOならではですねー)にいくと、劇場内いっぱいにお客さんが!
人並みに紛れ込んでこっそり入場するつもりだったのに、すでに劇場入り口はスタッフさんしか立っていなくって、変に緊張しながらチケットを買って入場しました。

うるてまーち-チロル1

チケット代わりのマントを購入して身につけたら入場できるというシステムでした。
なるほどー。

案内されるままに劇場のある階までいくと、すでに満員御礼。
空いている席はなくて「重なって座ってください」とのこと。
開演前のがやがやした雰囲気も伝わってきて、本当に劇を観に来たって感じ!
うるてまーち-チロル2
開演の時間が来ると、垂れ幕が上がっていよいよ劇が始まりました。

UOのさまざまなアイテムを小道具、大道具として使用し、演出には魔法も使われてました。
変身魔法大活躍!
UOにあるものを目いっぱい使って目いっぱい楽しんだらこんなこともできちゃうんだなー。

劇は2本立て+間に漫才でぎゅぎゅっとつまったコメディでした。
野次もOKで観客席も盛り上がってて、小ネタやパロディの意味がわからなくても観客からのツッコミで理解できたりとイイ感じ。

また次の公演も観に行きたいなぁ。

うるてまーち-チロル3

最後の最後までぬかりはありませんでした。


公演後は、観客席横のベンダーさんが無料で売っている本に感想を記帳して、おひねり箱にポン。
公演を観に来るためだけに作ったキャラだったので他におひねりに入れられるようなものがなかったのが残念です(、、

うるてまーち-チロル4
フリーマーケットイベント「さくらまーけっと 」にいってきました!
こういうイベントものはパトリシア日記でかくと3ヵ月後とかになって思いっきり時期をはずしちゃうので、ふつーに書くことにします。(4月にあったお花見イベントも、もうパトリシア日記じゃ時期はずれでかけない…(、、)

はじめてのフリーマーケットにわくわくして会場まで行くと、いつもはのどかなユーの村がとっても賑やか!

終始バンバンうちあがる花火!
1回20万!のサイコロくじ屋さんには最初から最後まで長蛇の列!
レアアイテム屋さんは値段を見ただけで目が回りそう!
この辺はまだまだとても覗けそうにありません。
でも金額が金額なので、他人ながらサイコロの目の数が気になってずっと横で立ち見。

いい数字を出したひとの景品を聞いても、どんなものなのか価値がちっともわかりませんでした。


でも貧乏でもちゃんと楽しめたよ!
コーラスをしている人たちを見学したり、ミニゲームを見学したり、ちょっとだけどお買い物もしました。

次にフリーマーケットがあるときは、もうちょっとお小遣いがたまってるといいなぁ。
うるてまーち-さくらまーけっと1
前回のお花見イベントでも、いつもはない場所に池が作られてピンクのカエルが泳いでいました。

このカエルさん、もともと壊滅前のオールドヘイブンにいたそうです。
ヘイブンがなくなってからは、こうやってイベントに顔をだしてくれるんだって。
sakuraシャードにしかいないカエルらしい。
だからピンク色なのかな。
うるてまーち-さくらまーけっと2
イベントがあるシャードを渡り歩いて歌とダンスを披露する「UOHB」さんのショーに感激!
「おお、ハミングバードがきてる!」と聞いてトロピカルな鳥が歌ってるところを想像しながら見に行ったら、5人の女の子が一糸乱れぬ動きで歌って踊っていて、すごいすごいしか感想が出てきませんでした。

UOのモーションなんてお辞儀と敬礼くらいしかないのに、綺麗にそろって動くだけでダンスしているように見えることに驚き!

うるてまーち-さくらまーけっと3
今回のお買い物。
可愛いピンク色に染めてもらったルーンブックうるてまーち-ルーンブック と、騎乗動物オスタードを売っていたオスタード屋さんから買ったオスタードについてまとめた本。
オスタードについてはもちろん、オスタードが見つかった大陸ロストランドについてまで書かれていて、オスタードへの愛が感じられました。
こういう図鑑っぽい本もっと読みたいなぁ。

Home > らくがきイベントレポ

etc
9030 UO

(C) Electronic Arts Inc. Electronic Arts, EA, EA GAMES, the EA GAMES logo, Ultima, the UO logo and Britannia are trademarks or registered trademarks of Electronic Arts Inc. in the U.S. and/or other countries. All rights reserved.

UOインデックス
mail



Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。